禁煙のきっかけ

禁煙ブームですね…私のまわりでも禁煙をした人は多いです。確かに禁煙するとメリットがたくさんあると聞きますね。ではどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

ガン抑制のために病院での禁煙治療を

煙草は非常に依存性の高い嗜好品です。煙草を吸うと独特の感覚になります。全身が酸欠状態になるので体が低体温になり、そのことでスーッとした感覚になります。これは喫煙することで血液の流れが悪くなることの一つの症状です。また煙草の煙にはニコチンと言う成分が含まれており、このニコチンを吸わないと気分が落ち着かず苛立ってきて再び煙草を吸いたくなります。ニコチンが切れ、煙草を吸う事で再び気分が落ち着きリラックスできるのでますます依存性が高まっていきます。しかし煙草のニコチンは発ガン性が高く、健康を害するものとして有名です。ガンの発症を抑制するためにも禁煙することは非常に大事なことです。しかし愛煙家にとって禁煙することは想像以上に大変なことです。それはニコチン切れによる禁断症状が起こってしまうからです。そのため病院で禁煙外来を受け、煙草を断つとよいでしょう。病院では様々な方法で禁煙をすることができます。ニコチンパッチやニコチン注射、電子タバコなどを用いて禁煙することができます。また病院では肺ガンなどがないか検査してもらうのもよいでしょう。ニコチンパッチやニコチン注射を用いれば、無理なく禁煙することができ成功しやすいといわれています。また病院ではメンタル面や食事面の指導も行ってくれます。煙草をやめると、煙草にかわる甘いものやコーヒーを欲するようになり太りやすくなると言われています。きちんとした禁煙外来の場合、管理栄養士がつき食事のメニューの立て方なども指導してくれます。長年の喫煙により体が酸化し、錆びつきが見られ老化が促進しているので、アンチエイジング効果の高い食事メニューなども相談すると良いでしょう。