禁煙のきっかけ

禁煙ブームですね…私のまわりでも禁煙をした人は多いです。確かに禁煙するとメリットがたくさんあると聞きますね。ではどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

禁煙は吸いたい欲求を出すアルカロイド対策が必要

禁煙が難しいのは、タバコを吸いたいという気持ちが強くなってしまうためです。タバコを吸いたい欲求がアルカロイドによって引き起こされています。アルカロイドとは、塩基性で天然由来の有機化合物の装用です。最も知られているアルカロイドの一つがニコチンです。ニコチンはタバコ属植物に含まれており、タバコの原材料である葉に蓄積されています。アルカロイドは天然と薬として医薬品や病院の臨床の分野で活躍していますが、一方で天然の毒とも考えられています。ニコチンは禁煙を阻害するので毒と解釈されます。禁煙で大切なことは、アルカロイドであるニコチンと上手く付き合うことです。タバコを吸いたいという気持ちは禁煙してから2~3日でどんどん高くなり、ピークを過ぎると欲求も低下します。しかし依存性が高いので、なるべく早くニコチンを体の外に排出するのが良いです。アスパラガスや味噌、緑茶には解毒作用があります。特にアスパラガスがニコチンを無毒化する働きがあり、ビタミン類を多く含むので喫煙によって消費されたビタミンも補えます。アスパラガスはこんにゃくやアボガド、ブロッコリー、たらなどと食べ合わせが良いよされます。煮物や炒め物など多くの料理が作れるので、飽きることなく食事を楽しめます。喫煙によって低下した肝機能にはウコンやしょうががおすすめで、アスパラガスとしょうがの和物は、さっぱりとしているので喫煙をする時に食べやすいです。お風呂上がりにいつも一服していた人は、入浴前後にミネラルウォーターを飲む習慣を作ります。水分を多めに摂取すると排尿の回数が多くなってニコチン濃度を下げられます。また習慣が変わることで、無理をしないで禁煙できます。